FC2ブログ

娘の操船で

9月29日

今日のゲストは、千葉に単身赴任している弟の予定でした。

が、なんだかんだと予定が合わず、また次回へと。

そこで、部活休みで暇してた娘を誘拐することにwww

早朝たたき起こして、さらってきたw

まあ、以前から釣りに連れてけって言ってたので、問題なし。

相馬までの道中は眠そうにしてましたが、釣具店に立ち寄ったところでエンジンが掛かったか?

港について早速準備。

今日は、タイラバとジギングの予定。

事前情報では、相馬沖でカツオが釣れたというので、2匹目のドジョウ狙いwww

そして、私にはもう一つの企みが・・・・

それは、娘に操船させて、自分が釣りに集中できるようにすること。アハッ!

準備しながら釣り方を教え、夜明けと同時に港から何艇か出ていくのに混じって、ウチも早速出航!

相馬港を出るまでは自分で操船しましたが、相馬港の東防波堤を交わしたところで、娘と交代。

嫌がる素振りもなく、嬉しそうにしてる。

sketch-1569734613995_R.jpg
緊張して背筋ピーンってwww草原www

私も、自分のボートで初めてゆっくりと周囲を眺めたりできた。

思えば、周囲のお父さん方は、娘が小学生くらいまでは、一緒にキャンプや釣りに付いてきてたけど・・・

なんて話をよく聞くが、うちの娘は高校生にもなってこうやって親と遊んでくれるなんて、どんなに親孝行な娘・・・うぅっ


無加工で、風切り音がうるさくてすみません((+_+))

目的のポイントに着いてから早速ジギング開始するも、まったく反応なし。

タイラバにしたり、色を変えたと試したものの、まったくダメ。

あ~あぁ~せめて冷凍イワシだけでも持ってきてればよかったなぁなんて思いながら

釣れない場所に居ても仕方ないし、まだまだ初心者ですから、別のポイントに移動することに。

宮城県亘理沖の大型漁礁へ移動することに。

GPSで目的地セットして、あとは娘にお任せwww('ω')ノ

自分は、ゆったりとタバコふかしながらのんびり~~~~

ふと、横を見るとトビウオがヒュ~と飛んでる。

結構長い距離飛ぶもんですね~

そして、ポイントに着いて早速釣り開始。

娘はジギング、私はタイラバ。

ここは、相馬沖と違って、波が穏やか?

湾だから?

なんだか釣りやすい。

しばらくすると、娘が「アハッ!アハハハハハ」と。

何かと思えば、ヒットしたらしい。

奇声を上げながら巻き巻き

見えてきた・・・・

赤い魚体・・・・・

鯛か?・・・・・

!?


なんと、上がってきたのは・・・・

いつものホウボウでした。( ;∀;)

sketch-1569734565506_R.jpg

ヒレが奇麗だね~なんて言いながらパチリ

その後、私にもあたりが、

で、釣れたのは、これまた同じような魚

カナガシラでした。

おいおい、鯛は居ないのかい?

魚探には、たまにびっしりとベイトの反応が出てくる。

チャンスと思いながらシャクったり、早巻きしたり遅巻きしたり、いろいろ試すも全くつれない。

なんなら、サビキにベイトがスレ掛かりしてきたり。

ベイトは10㎝位のイワシ。

少しずつ移動しながらあちこちでやってみるものの、釣れない。

戻ろうか?なんて話をしていたら、またしても突然娘が笑い出した?

「重い、重い、アハハハハハ」

娘はエギングロッド使ってたんですが、ギューってしなってる。

おいおい、おっきいんじゃね?

「キャー!!!!!!!!」

上がってきたのは来たのはなんとコイツでしたwww

sketch-1569916329372_R.jpg

そりゃあひくわな~

ここで、雨がポツリポツリと来たので、相馬へ戻ることに。



帰りは朝よりもさらに海が穏やかになって、とても走りやすい状態でした。

県境あたりまで来たところで、娘が何かを発見。

よく見ると、ナブラが!

すぐにミノー投げてみると、かかってきたのはこれまたぺんぺんシイラ。

シイラ美味しいので、一匹確保。

そのご、何投かやって、適度に遊んでナブラがなくなって、また移動開始。

するとまたナブラ発見。

このナブラ、動きが速い。

操船が娘だからナブラに近づけない。

面倒になって、ミノーをそのまま曳くことに。

すると、すぐに反応有。

上がってきたのは、イナダでした。

ここでも、何匹か遊んでいただき、ナブラが無くなったところでやめ。

その後は、何事もなく相馬港まで戻って、少し港内で娘と遊んで帰りました。

そいうえば、最近船速落ちたような気がしてたんですが、この日穏やかだったので、思いっきり飛ばしてみたところ、5800rpmでMAX32ノットくらい出ました。
追い波だったのかもしれませんが、十分な速度が出ることがわかりました。

義父とクルージング!?

9月20日

明日は天気が悪そうなので、本日仕事を代休として出港することに。

本日のゲストは、義父です。

無理やり呼びつけて、同乗してもらいましたwww

夜が明けと同時に出れるように準備して

DSC_7141_R.jpg


先ずは、様子見で、相馬沖の大型漁礁へと向かいました。

ここなら、ヒラメ釣れるし。

でも、本命は真鯛で、少し南下する予定。

が、

が、

が、しかし、大型漁礁周囲には他船もなく(平日だから出てないか)

魚探の反応もあまりよくない。

義父は、青イソメでカレイ仕掛けを2本投入。

私は、ジグサビキをしながら、生き餌の飲ませ仕掛け投入。

ところが、生き餌の飲ませ仕掛けすら、まったく反応なし。

生き餌の飲ませで反応ないって、そりゃ魚いないってことでしょ(´;ω;`)

30分程で切り上げ、南相馬沖まで南下することに。

途中、しばしば波の高いところがあり、ボートがバンバン跳ねるものの、平均20ノットくらいで1時間ちょい移動。

右に原町共同火力発電所を見ながらクルージング。

途中、遊漁船らしき船を見たが、華麗にスルーwww

目的地の漁礁までいどうしました。

早速、飲ませ仕掛け投入し、ジギング開始。

義父は変わらず、カレイ仕掛け。

しばらくすると、飲ませに反応が・・・

釣れてきたのは、なんとホウボウ!

ざっくりと、50㎝位か?

初めて釣りました。(写真は無です)



すると、義父も飲ませ仕掛けにチェンジ。

しばらくして、ヒット!だと思う・・・・

「う~ん、重いなぁ~」と言いながら巻き巻きしてる。

ロッドを見ると程よくしなっているが、走る様子もない?

私「ん?ヒラメじゃね?」

義父「う~ん?}

とか言いながら、上がってきたのは食べごろサイズのヒラメでした。

sketch-1570078225734_R.jpg

これも、50cmくらい

その後、パッタリと反応なくなったので、戻りながら別の漁礁へ移動することに。

移動後、風が強くなり、船が流れる速度が速くなってきたので、私はジギングのみで操船必死w

ジグが着底するのと同時にあたりが!

最初だけゴンゴンするものの、そのあとはただ重いだけ。

何かな?と思ったら、カナガシラでした。

鯛はどこよ~と言いながら

巻き巻きしていると、ガツンと。

今度こそと期待を込めて巻き巻きすると・・・

赤い魚体が見えてきた。

でも、あれ?、欲しいものと違う?

なんと、またしてもホウボウでした。

残念( ;∀;)

ここらで、潮の流れも変わってきたので、戻ることに。

途中、欲たがって、ミノー曳いてみた。

5ノットくらいでゆっくり曳きながら、雑談クルージングタイム

すると突然、ロッドが暴れた。

後方では何かがぴょ~~~~んて跳ねたw

義父、必死で巻き巻きすると、なんとぺんぺんシイラでしたw

もういいか、となり、港に戻りました。

鯛ゲットならず。

絶対リベンジしてやる!